メニューボタン

2023.02.08

2023年2月8日、BLAN.COを終了いたしました。

Twitterでシェア LINEでシェア Facebookでシェア

コロナ禍で感じた「余白」の重要性

2020年の前半、僕は精神的に追い込まれていました。コロナでまちがロックダウン状態になった時に、飲食店さんの力に少しでもなりたいとスタートしたBUY LOCAL nagoya。

未来の買い物をしてお気にå…

未来の買い物をしてお気にå…

お気に入りのお店が今、コロナの影響で大ピンチ。とは言え中々外食をするのも難しい。…

お気に入りのお店が今、コロナの影響で大ピンチ。とは言え中々外食をするのも難しい。…

好きなお店を選び、金券を先買することで飲食店を買い支えようというプロジェクトで、1500万円ほどのご支援が集まりました。僕もコロナで最も不安な中、できる限りのことをしようとメディアにも積極的に出るなど奔走しました。しかし、不安なのは僕だけではありません。一部の方から当たりの強い言葉を投げかけられ、「誰のために何をやっているんだろう」と心を弱くしていました。

そんな時救ってくれたのが、僕が大好きなコーヒーでした。豆を挽き、お湯を沸かし、そしてドリップする。その瞬間、嫌なことも全て忘れ、ふと何も考えていない自分に気づいたのです。あぁ、これは多くの人に余白が必要だし、コーヒーがその余白を創るものになれるんじゃないか。そう思ったのがBLAN.COのはじまりでした。

コーヒーで余白を表現することの楽しさと難しさ

スキームを構築し、クラウドファンディングからスタートしたこのBLAN.CO。

「ブランコに揺られるようぅ

「ブランコに揺られるようぅ

毎日がとても忙しく、息つく間もない。ちょっと休憩してリフレッシュしたいと思ってい…

毎日がとても忙しく、息つく間もない。ちょっと休憩してリフレッシュしたいと思ってい…

運営しているこの期間、これほど「余白」について考えたことはありませんでした。いわゆるZONEに入った時の集中している、シングルタスク状態の時の脳の心地よさ。キャンプのように、あえて不便なことをすることでえられる益のことを「不便益」と呼ぶことも知りました。深掘れば深掘るほど余白は人にとってとても大切で、絶対に必要だと確信を得ることができましたが、一方それをコーヒーだけで伝える、体験してもらうのはとても難しいチャレンジでした。

支えてくださって、応援してくださってありがとう

2020年9月7日からおよそ2年半、BLAN.COは活動してきました。多くの方に支えられ、また応援されなければこんなにも続かなかったと思います。
一緒にビジネスを進めてくれたパートナーのみなさん。
BLAN.COに共感し、商品を手にとってくれたみなさん。
そして「アンバサダー」として一緒にBLAN.COを楽しく広めてくださったみなさん。
本当にありがとうございました。
一旦BLAN.COは終了しますが、人々に余白が必要なのは変わりません。またいつか違う形になりますが、「余白」を軸とした活動にチャレンジしたい。そう思っています。

たまには思い出して、毎日に15分の余白を取り入れてみてくださいね。
BLAN.COを愛してくださったみなさん、ありがとう。

LATEST ARTICLES

2024.05.23

CAMPFIREの公式ページに僕の記事が掲載されました

2024.05.16

10代に「仕事とはなんだ」と話をして感じた2つのこと

2024.05.08

能登に行ってきて、復旧と復興を考えた話し